ココロとカラダをゆるめるお店 

お店の『公式LINE』登録はこちら

カラダってなに?語源から考えてみる。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元気を届けるセラピストのあっこです。 稲沢市の個室サロンButterfly effectにて ココロとカラダをゆるめるあっこマッサージをしています。 夢は『優しい世界をつくること』

今日は、カラダの話。

カラダってなんだろう?

当たり前に知っていることから
少し深いところまで考察していきたいと思います。

 

体という漢字の語源

体は「殻(から)」に接尾語「だ」が付いた語。

古くは、魂に対してそれを宿している身体、
生命のこもらない肉体を「からだ」と言い、
魂を宿した肉体は「身(み)」と言った。

やがて、頭から足先までの全てを指す語として定着し、
生きていることを前提とした用法が多くなり、
「健康」や「体力」などの意味でも使われるようになった。

引用ー語源由来辞典

ということです。

また、体と身体と漢字で書くことがあると思います。
この違いについても、少し説明を見てみましょう。

 

心身を表す時には「身体」、
固体として肉体を表す時には「体」が使われることが多い。

上記の違いに関連して、次のような使い分けもされる。
体は人間や動物、物体まで幅広く使用されるが、
心や精神、地位や立場などを持つのは人間だけなので、身体はほぼ人間に対してのみ使用される。

なるほど!ここまで読むとよくわかりますね。
心も体もあわせたものが、身体となるんですね。
無意識に、両方を使っていた人も使い分けるといいかもしれません。

 

 

躰(體)という漢字

こちらは、なじみがない人もいるかもしれません。
軆, 躰, 骵(俗字)は旧字体の体、という漢字です。

漢字というのはその成り立ちに意味がありますが、
ただ、日々の生活の中で使われやすいように変化してきました。

「體」が「体」に変わったように。

これは、諸説ありますが、
「體」→「軆」→「躰」→「体」
と、変わってきたんじゃないかな?って思います。

カラダは、私たちの身の本(もと)なので
体というのは、省略としてもすごくいい感じですね。

 

 

おわりに

カラダというのは奥が深いものです。

わたしの最近の気づきは、
体は潜在意識だなってことです。

体は過去からの情報を蓄えています。
生まれてから、先祖代々のことも遺伝子レベルで受け継がれています。

そこには、”生き延びるため”にネガティブな情報も刻まれていて、
その力は、変化を止めようとすることもあります。
それが、現代にあっているかは別の話。

私たちの体は地球で生きていくための依代で
私たちの60個の細胞や、魂のお家

そして私たちは脳で記憶じゃなくて
体の細胞ひとつひとつで記憶しているようです。

その人のギュッと握っているのが外れていく
いろんなことをやることで外れていく

この記事を書いている人 - WRITER -
元気を届けるセラピストのあっこです。 稲沢市の個室サロンButterfly effectにて ココロとカラダをゆるめるあっこマッサージをしています。 夢は『優しい世界をつくること』

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© – Butterfly effect – , 2021 All Rights Reserved.